20131104.jpg

『42 〜世界を変えた男〜』(原題:42)は、2013年制作のアメリカ合衆国の
映画。アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビン
ソンを描いた作品。タイトルの「42」とはロビンソンが付けていた背番号で、
現在アメリカの全ての野球チーム(メジャーはもとより、マイナーリーグ、
独立リーグ、アマチュア野球に至るまで)で永久欠番となっている。

アメリカとカナダでは公開から3日で、2730万ドル(約27億円)を売り上げて
初登場1位となり、野球映画史上最高のオープニング記録を打ち立てた。


1947年、ブルックリン・ドジャース(ロサンゼルス・ドジャースの前身)の
ゼネラルマネージャー・ブランチ・リッキーは、ニグロリーグでプレーしていた
アフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソンを見出し、彼をチームに迎え
入れる事を決める。だが、当時はまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグも
白人だけのものだった事から、彼の入団は球団内外に大きな波紋を巻き起こす。

案の定、ロビンソンは他球団はもとより、味方であるはずのチームメイトや
ファンからも差別を受けてしまい、孤独な闘いを強いられる(ウィキペディア)

★☆映画『42~世界を変えた男~』予告編★☆
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 僕が一番欲しかったもの, All rights reserved.