20110510-005.jpg
F1-STUB に乗っていたので、ロケットに乗ると、テイクオフはちょっと楽かな?プレセボ・
タブレットのようなびっくりするようなテイクオフではないですが、安定している感じあり。
20110522.jpg
短いボードは動きやすいですが、ドライブ感はある程度の長さがある方がいいのかな~?
体重の乗せ方や、ボトムターンなどなど 基本に戻って忠実にやっていきたいと思います。
20110510-003.jpg
シェーン・ベッシェンが乗っているのを見ると、ピチピチ、いきいきしています。やっぱり、
シェーン・ベッシェン = ロケット   ロケット = シェーン・ベッシェン (エアリアル)です。

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!





20110510-005.jpg
20110520.jpg
LOST F1-STUB(写真左です)小波では、いい!というフィーリングは感じられますが、
胸肩以上のいい波になると、めちゃめちゃいい感じで、モデル名が 『F1』 っていうのが、
妙に納得です。走りが機敏でグイグイいく感じです。ライディング・ムービーで、クリス・
デビットソンが ”LOST F1-STUB” に乗ってるのを見てオーダーを決めたのですが、
乗った印象はムービー通りで、オーダー後 半年掛かりましたが 大正解でした。

どこがどんな風にいいのか?を説明するのは、私のレベルではうまく出来ませんが、
バランスがよく、前に前に出て行くドライブ感は 今までにない感触です!☆☆☆

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!





20110518.jpg
5' 11" x 18 1/2" x 2 1/4" (175cm、73キロ) 今回、頭オーバーで
乗りましたが、ほんと調子いいです。間違いなく過去最高のボード!
これからもこれが、メインボードになると思います。(写真左)

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!










20110514-002 (2)
フィンの先端が柔らかく出来ているプロテックフィンを使ってみました。小波だったことも
ありますがイマイチどうなのか分かりません。見た目は好きなのですがサイズ小さすぎ?
20110514.jpg
セットした感じはこんな感じです。フィンが柔らかすぎるのか?もうちょっと前へ出て欲しい
印象でした。前から気になっていたのですが、使った感じは可もなく不可もなくといったとこ。
20110510-004.jpg
K2.1クアッドも試してみましたが、最終的にはトライの K2.1 になってます。やっぱりでした!
ケリーさんのフィンなので、イメージ的なとこも含め 使ってる人多いような気がします(笑)

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!





20110510-005.jpg
ハイドロフレックス・ロケットは、到着してから 2R くらいまで、バルブから ”シューっ”と
音がしててどこまで空気が入ってるんだ??と思うくらい音がしてました。音がしなくなるに
つれてテイクオフも安定してきたような気がします。ハイドロフレックスは持った感じが
非常に軽いので、軽快に走る分オフショアで PU よりも影響を受る印象でした。
20110510.jpg
オフが強い時は PU も同じと言えば同じですが、PU、XTRカーボリック、プレセボ、
軽ければ軽いほど風の影響を受けてしまう気がします。あともう少しで走り出す!という
ところが、もう少しの重さだったり、軽さだったりするので、ひとまとめでこれがイイ!と
いうことは言い切れませんが、軽快によく走ってくれるところが気に入っています。
20110510-004.jpg
ボードサイズは、5' 7" x 18 5/8" x 2 3/16" (72~73キロくらい)ですが、素材で
カバーしてもらっている感じはします。パワーがある波になってくると、乗ってからは
もう少し浮力なくてもいいかな~と思うこともあります。F1-STUB に比べると短いけど、
ノーズも広いので何か妙な安心感があります。フィンは、K-2.1 トライ にしてます。

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!





20110508.jpg
LOST ハイドロフレックス ROCKET オーダー~7ヶ月 掛かりましたが
出来上がってきました。 5' 7" x 18 7/8" x 2 3/16" のはずが、
5' 7" x 18 5/8" x 2 3/16" 2サイズ ダウンで出来上がり(笑)  
20110508-002.jpg
ハイドロフレックスはポンプで中の空気圧を調整出来ますが、多分
あまり使わないと思います。前回の F1-STUB の時も最初使ったのみ、
今は、車のどこかに転がっています。
20110508-003.jpg
ひとまず、クアッドセットにしてみましたが、トライの方が好きです。
波質にもよるのかも知れませんが、色々と試してみたいと思います。
フィンもちょっと小さすぎたかな?(前4.25 後4)
20110508-004.jpg
テールの形が少し変わった?以前のよりも角度がついてます。まだ、
よく分かりません。これから F1-STUB と乗り比べてそれぞれのいい
ところを発見していきたいと思います。随時 アップしていきます!

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!





20110505-009.jpg
785段、本宮の神札授与所に到着。「幸福の黄色いお守り」+「ミニこんぴら狗」を購入。
set_200-001.jpg

【こんぴら狗】(こんぴらいぬ)
江戸時代、庶民は旅行を禁止されていましたが、神仏への参拝の場合はその限りでは
ありませんでした。数ある神社仏閣のなかでも、伊勢神宮への参拝の旅は特別で、
庶民にとって一生に一度の夢であり、「お伊勢参り」と言われました。それに並び
「丸金か京六か」と言われ、讃岐の金毘羅大権現(今の金刀比羅宮)と、京都六条の
東西本願寺への参拝の旅も人生の一大イベントでした。

当時、江戸を中心とした東日本の各地からこれらの社寺への参拝の旅は大変なことで、
当人に代わって旅慣れた人が代理で参拝に行くことがありました。これを「代参」と
言いました。旅を途中で諦めることにした人が、道中で知り合った旅人に旅費と
初穂料(お賽銭)を託し代参してもらうこともあったようです。


金毘羅大権現への代参で有名なのが森石松です。清水次郎長(山本長五郎)の
代わりに参拝し、預かった刀を奉納したと伝えられています。

実は、代参をしたのは“人”だけではなかったのです。「こんぴら参り」と記した
袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあったのです。袋には、飼い主を
記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。犬は、旅人から旅人へと
連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地にたどり着いたのです。

金毘羅大権現へたどり着いた犬も、そんなのどかな風習により、立派に務めを
果たしたのでしょう。この「こんぴら参り」の代参をした犬は、特に
「こんぴら狗」(こんぴらいぬ)と呼ばれたのです。

【○に金の文字、金刀比羅宮って分かっていればいいですが、知らない人が見ると
ものすごいお金に執着してる人みたいです(笑) わんこと参拝 出来ますよ!】

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!







20110505.jpg
四国こんぴらさんに行ってきました。小学校の修学旅行以来です。
駐車場への呼び込みのおっちゃんのパワーがすごいです!ちょっと
離れると、500円屋根付きを見つけました。
20110505-002.jpg
神社にこの看板はナンセンス???なんか中途半端やなぁ~・・結構
こういう看板や垂れ幕が多く、もったいないなぁ~と思いました。
20110505-003.jpg
杖は無料で貸してくれますが、帰りにおみやげを買わされます(笑)
こんぴらさんのビジネス戦略!途中の豆屋さんでもお茶もらいました。
20110505-004.jpg
この辺までくるとかなりバテてます。785段中の何段目くらい?中に
ヒールやサンダルの女性とかいて、つらそうでした。スニーカーが ◎。
20110505-005.jpg
旭社まできました。多分もう少し・・膝がヘナヘナ 笑い出してきました。
20110505-007.jpg
最後の急な階段です!上りきったところのベンチはみんな息切れして
座り込んでいました(疲)ひと段落して参拝と写真撮影です。
20110505-008.jpg
降りるときは杖が邪魔です。手に持って降りてる人 結構いました。

banner_02.gifがんばろう東北 ☆ がんばろう日本!
















| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 僕が一番欲しかったもの, All rights reserved.